08/10/30(木)18:55:34 No.34158474 del 
ものすごい恐い夢見てて
俺が殺されそう!ってなった段に
右下に「世にも奇妙な物語」ってテロップが出た時は
爆笑しながら起きた
二次元裏@ふたば (via hitode909) (via naata, koyama) (via gkojax-text) (via rowro) (via rcxtester) (via chizuna) (via y-haruka) (via sarutan2) (via huzitaka) (via ouchchic) (via eagletbr) (via kotorisama)
印象破からリブログ

ある料理を出した時のことです。気持ち悪いと酷評されたんですが、それは、『Cod roe(タラの卵)』。……博多名物の明太子です。

どうしたらアメリカの人に受け入れてもらえるか、と必死に考えたヒミさん。そして……。

メニュー名を『HAKATA Spicy caviar(博多スパイシーキャビア)』に変えました(笑)。その途端に、飛ぶように売れるようになったのです!

sabrina-dacos:

Here comes the fuzz

sabrina-dacos:

Here comes the fuzz

La Sonrisa Verticalからリブログ

最後の繁殖地が天災により失われたことによりオオウミガラスはこの時点で既に絶滅寸前であったが、そのため却って希少価値がつき、標本は収集家博物館に高値で買われるようになり、一攫千金を狙った者たちによって残ったオオウミガラスも次々と狩られていった。1844年7月3日、エルデイで最後に確認されたオオウミガラスの生体は抱卵中のつがいだったが、発見と同時に発見者に1羽は棍棒で殴り殺され、もう1羽は絞め殺された。残された卵は殻が割れてしまっていたという。

その後、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも掲載されている1852年ニューファンドランド島グランドバンクでの目撃例など[1]、目撃証言もいくつかあるが、現在では80体余りの剥製、20体余りの骨格標本と70個余りの卵殻が知られるのみである。

うちの親父はプログラミングという言葉も知らずに、活字中毒のために、結城浩の「Java言語プログラミングレッスン 上下」を純粋に観念的に読んでて、1文字も書いたことがないくせに、僕にオブジェクト指向のアドバイスをくれた記憶がある。
be movedからリブログ
ムハンマド「酒飲み過ぎは体に悪いし酔っ払って迷惑かけたらアカンで」
ムハンマド「むやみやたらと不特定多数とおま●こしたらアカンで」
ムハンマド「だからといってシコってばっかりなのも虚しいからアカンで」
ムハンマド「たまに断食して貧しい人の気持ちも考えなアカンで」
ムハンマド「利子で儲けるのは金持ちの搾取になるからアカンで」
ムハンマド「個人崇拝になるから偶像とかつくったらアカンで」
ムハンマド「神の元では人類皆平等。聖職者が特権階級というわけやないで」
ムハンマド「規則正しい生活のために決まった時間にお祈りするとええで」
ムハンマド「一生に一度はメッカに巡礼の旅をして世界を広く見るとええで」
ムハンマド「ユダヤ教やキリスト教の異教徒もワイ達の先輩やし尊重せなアカンで」
ムハンマド「まぁ色々言ったけど基本は個人の自由やしケース・バイ・ケースやで」

image
MORAY-DUTCHROLLからリブログ
道徳教育が生徒の心に届いてなかった、って 殺人自体を目的にしてる人を道徳教育でコントロールできるなんて思い上がりじゃないのかな 何とかできるのは強盗殺人やカっとなっての殺人まででしょ
傷口に塩を塗るからリブログ
sarasiru:

坐骨神経痛

sarasiru:

坐骨神経痛

tumblrからリブログ
「身内からの提供を望む夫婦は少なくない。カウンセリングを重ねて、慎重に行っている。血のつながりがあった方が、提供者家族も含めて良好な家族関係を築きやすい、出自が明確になるという面もある」
雑誌「月刊住職」の見出し職人のキャッチーさは異常。「命懸けで高台の寺へ駆け上がれ!」「墓地業者に騙された寺院が銀行と業者を訴えたわけ」「僧侶を愚弄するCMに黙っていられない」とかこんなん。モーニングの編集者が感激していますから。マジで。

Twitter / matu2syun

>月刊住職のキャッチーな見出し続き 「500年以上も薬師堂が建つのに国有地だなんておかしいぞ!」「住職が詐欺容疑で逮捕された!」「輪廻転生。うーん、保留。」これ全部同じ号

(via neeeeeew)

傷口に塩を塗るからリブログ

zerostatereflex:

saVer-animaciones

Objects ground out of existence.

yumingwayからリブログ